MENU TEL

世田谷区 放課後デイサービス

2016.12.19 | Category: 未分類

こんにちは!
はぴねすの大橋です。

いよいよほとんどの学校が今週の木曜日で終業式を迎えますね。
1学期にできなかったことが2学期でできるようになる子もいれば、そうでなかった子もいるのではないかと思います。終業式を機にそのようなことを振り返ってみてもいいかもしれませんね。
はぴねすでは12月23日(金)から1月9日(月)まで学校休業期間中での営業になります。
療育時間が長くなりますので、放課後では体験できないような、様々な「感覚刺激」を子ども達に提供できればと考えています♪
ご興味のある方は是非遊びにいらしてください!

世田谷区 放課後デイサービス

2016.12.17 | Category: 未分類

こんにちは!
はぴねすの大橋です。

本日は療育に参加しに来た子どもたちと「クリスマスツリーを買いに行こう!」という企画を実施しました。
目的地まで車で移動し、自分達で飾り付けの品物を選び購入しました。事業所に戻ってきてからは組み立てから飾り付けまで参加してくれました。
このような決められた予算の中から品物を選び、買い物に行くということも社会生活能力としてはとても重要でありますね。
来週からはぴねすもクリスマスバージョンになりますので、是非遊びにいらしてください!!

世田谷区 放課後デイサービス

2016.12.16 | Category: 未分類

いつもありがとうございます!
はぴねすの大橋です。

現在都内で感染性胃腸炎が流行しているようです。
感染予防のポイントとしては、手洗いうがいをする。特に排便後、調理・食事前には流水と石鹸で十分に洗う。とのことのようです。
ノロウイルスなどの感染経路として、人から人へ感染するものと、食品を介して感染するものがあるようです。
この季節は、少しでも体調に異常を感じたら、早めに医療機関に受診するようしましょう!

世田谷区 放課後デイサービス

2016.12.15 | Category: 未分類

はぴねす大橋です!

本日は運動と脳に関する事例をご紹介します。
アメリカにある、ネーバーヴィル・セントラル高校では、最新の教育実験「ゼロ次元体育」が行われています。
「ゼロ次元体育」とは、授業前に運動をすることで、読解力を始めとした成績が上がるかどうかを調べる実験です。
すると、「ゼロ次元体育」に参加した生徒は成績が17%伸び、そのほかの生徒は10%の伸びにとどまってしまったとの結果が出たそうです!
これらの結果から運動をすることは学力向上にも繋がることが分かりますね!!

世田谷区 放課後デイサービス

2016.12.15 | Category: 未分類

いつもありがとうございます!
はぴねす大橋です!!

先日の療育のご紹介を致します。
先日は「ビーチフラッグ」を行いました!

うつぶせの状態からほふく前進をしたり、仰向けの状態から、背中で体幹を動かしたりしながら、5m程度先にあるフラッグを目指して体を動かしました。高学年の子、低学年の子、女の子などのグループに別れてとても盛り上がりました。私も子どもたちと一緒に参加しましたが1勝も出来ませんでした。(笑)大人は体が大きいので摩擦が生まれるのですかね?
みんなで普段使わないような体幹の筋肉を動かしたので汗だくになって取り組めました!!

世田谷区 放課後デイサービス

2016.12.13 | Category: 未分類

こんにちは!
はぴねすの大橋です。

今日も「運動と脳」について触れさせて頂きます。
運動をすると脳が活性化し、「注意力が高まる!」ということが分かっています。
注意力が高まるということは、集中力が上がるとも言い換えられるのではないでしょうか。
衝動的な行動が目立つ、集中力が持続せずに離席が目立つ。などの保護者様からのご相談を多くいただきます。
運動を行うと、心拍数が高まり、血中内の酸素やブドウ糖、ケトン体など脳の活動に必要なエネルギー循環します。その結果が注意力が増すという事に繋がるようです。
上記のような特性を軽減させるためにも運動は有効であるということが分かりますね!
今日もはぴねすでは、沢山の有酸素運動を実施していきます!!

世田谷区 放課後デイサービス

2016.12.12 | Category: 未分類

いつもありがとうございます!!
はぴねすの大橋です!

今日は「運動と脳」について書かせていただきます。
これまでの説明からしても運動をすると脳がいい状態になるという事は、イメージが湧くかと思いますが、具体的にどのような効果があるのかというところに踏み込んでみたいと思います。

1.注意力が高まる。
 心拍数が高まり、脳活動に必要なエネルギー源が体内を循環します。

2.脳を沢山使う。
 たんぱく質源が生成され、脳細胞が強化される。

3.気分を落ち着かせる。
 セロトニンやドーパミン等の神経伝達物質が生成され、気分が落ち着く。

jレイティ博士はこのように分析しています。
はぴねすでも運動療育を通じて、脳細胞を増やす療育を行っていきたいと考えます!

世田谷区 放課後デイサービス

2016.12.10 | Category: 未分類

はぴねす大橋です!

本日は土曜日の療育でしたので、公園に出かけて運動療育を行いました!
普段の室内の療育では得ることの出来ない「感覚刺激」を子ども達に感じてもらうことで、脳の機能が活性化します。
「感覚刺激」とは、視覚や音、障害物など様々なものを指します。これらの感覚を感じることで、脳はその感覚に適用しようとします。
例えば、でこぼこ道を歩くといった動作でも、この道を真っ直ぐ歩くにはどのように歩けばいいのかな?身体がグラグラしないで歩くにはどのように歩けばいいのかな?そのように無意識的に考えることが脳を鍛えるのです。
今日も、子ども達にはたくさんの感覚刺激を感じ取ってもらい、感性を養ってもらえたのではないかなと思います。

世田谷区 放課後デイサービス

2016.12.10 | Category: 未分類

こんにちわ!
はぴねすの大橋です!

はぴねすのアセスメントの中で、「S-M社会生活能力検査」という検査法をご紹介しました。
この検査は元々「ヴァインランドⅡ行動適用尺度」という発達年齢を評価する世界基準の検査法の中から、1歳~13歳までに習得すべき社会生活能力を抜粋した検査法になります。
この「ヴァインランドⅡ行動適用尺度」というものは厚生労働省が発行する「放課後デイサービスのガイドライン」にも推奨されているアセスメント方法であります。

はぴねすでは、国の求める基準に沿った運営を目指しています。
支援計画の作成や評価においても、より客観性をもった支援プロセスを提供できるよう、研究していきます!!

世田谷区 放課後デイサービス

2016.12.10 | Category: 未分類

はぴねす管理者大橋です!!

前回、”治療的観点をもった療育”ということをご説明しましたが、何をもって効果を計るのか?と思われた方もいらっしゃるかと思います。
今回は、はぴねすのアセスメント(評価)について触れさせて頂きます。
はぴねすでは3種類のアセスメントを使用し、児童の現状分析をし療育プログラムを提案致します。
1.独自の発脳アセスメント(心の機能、体の機能、特性傾向)
2.脳機能アセスメント(右脳、左脳、前頭葉)
3.S-M社会生活能力検査(身辺自立、移動、作業、意思交換、集団参加、自己統制)
これらを用いて、客観性をもった評価をし児童に合わせた療育提供をしていくことを心がけています!

当院へのアクセス情報

所在地〒157-0062 東京都世田谷区南烏山6-33-33 ウィスタリアハウス2-1F
最寄り駅から京王線「千歳烏山駅」下車北口を出て徒歩5分
旧甲州街道を過ぎ、右手に「まいばすけっと」が見えたら左手に「ナチュラル整骨院千歳烏山院」が見えます。同じ施設の、向かって左側がはぴねすの事業所になります。
電話番号03-5315-5047