MENU TEL

ホーム > Blog記事一覧 > 【世田谷区放課後等デイサービス】運動療育 | 世田谷区南烏山 放課後等デイサービス はぴねすの記事一覧

たまごサンド作り

2022.01.15 | Category: 調理活動

いつもブログご覧いただきありがとうございます。

 

先日、調理で「たまごサンド作り」を実施しました。
昼食として、たまごサンドとコンソメスープを自分たちで作るということで、お子様たちはほんとに出来るのかとちょっと疑心暗鬼でした。

 

今回の目的は、
(1)座って参加する。
(2)自分でたまごの殻をむく。
(3)片付けをする。
ということを挙げました。

 

工程は以下のようです。
たまごサンド
(1)ゆでたまごの殻をむく。
(2)フォークでつぶして、マヨネーズをかけて混ぜる。
(3)たまごをパンに塗り、サンドする。

 

コンソメスープ
(1)カップに具とコンソメスープを規定量入れる。
(2)お湯を注いでかき混ぜる。
(3)味見をする。

 

 

まずはゆでたまごの殻向きです。
職員が「小さな殻と薄皮が残っていると美味しくないので、全て綺麗にむくこと」「時々殻がとても向きにくい時があるから、もしうまくいかなくても気にしないこと」などの説明をしました。

 

たまごを机に打ち付けて殻を壊します。慣れているお子様もいましたが、大半のお子様は初めてのようでした。「もっと強くやっていいよ」と職員が声をかけると、徐々に力を入れて殻に亀裂を入れることが出来ました。
殻向きは苦戦するお子様もいましたが、指示通り気にすることなく丁寧にすべての殻を取り除いていました。

たまごをつぶす工程もはじめは遠慮がちでしたが、徐々にコツがつかめていったようで全てのお子様が細かいフレーク状に出来ました。
マヨネーズも様子を見ながら混ぜ、誰もこぼすことなく上手に行っていました。

たまごをパンに塗るとサンドイッチの完成が見えてきたのか、お子様の手つきが早くなってきたりうれしそうな笑顔が見られたりしました。

 

 

次はコンソメスープです。コンソメ顆粒を「スプーンに3つに分けた1つ分くらい」を上手にすくって入れました。
あまりに簡単に出来上がる為、拍子抜けのようでした。

 

 

出来上がると12時でした。お子様たちは、45分程集中して調理をしていました。

 

いただきますです。口に入れた瞬間「美味しい」という声が上がりました。
たまごサンドは見慣れたものだけど、自分で作れるものだと思っていなかったようで、お子様たちの顔に達成感が見られました。

 

残ったパンの耳は生クリームやチョコソースを付けて、”おやつ”のお替りで盛り上がりました。

 

 

床に落ちてしまった殻まで綺麗に片付けをしておしまいになりました。

 

 

 

自分で昼食を作る体験をお子様たちは楽しんでくれました。
身辺自立にむけた、達成感のもてる経験をこれからも提供していきたいです。

大掃除・忘年会

2022.01.10 | Category: イベント

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
今年もよろしくお願いします。

先月末、忘年会と大掃除をしました。

今回の目的は、
(1)身辺自立に向けて掃除の経験をする
(2)役割を守る
(3)物を大事にする気持ちを養う
ということを挙げました。

 

まず大掃除です。
日頃使っているキッズステップ、下駄箱、おもちゃをきれいにしました。

3チームに分けてリーダーを発表しました。どのチームもみんなやる気満々でした。
雑巾を濡らして、普段あまり使わない手首を回転させて力いっぱい絞りました。

 

下駄箱チームリーダーは、「まず靴を出そう」とみんなをまとめていました。靴の管理もしっかりと行なっていました。
下駄箱をミニほうきで履くお子さま、雑巾がけをするお子さまとしっかり役割分担されていました。

 

 

おもちゃチームは、たくさんあるおもちゃを取り出してひとつひとつ丁寧に拭きました。
おもちゃチームリーダーは身長の高さを活かして大きなおもちゃ箱を担当していました。

 

 

キッズステップチームリーダーは、直ぐに立ち上がりみんなが掃除しやすいように広げてくれました。
人数が少ないチームでしたが、力を入れて一生懸命拭いてくれました。いつもをあまり気にしたことのない裏面も「これ全部拭いたら120分くらいかかるよ」と言いながら手を動かしてくれました。拘り過ぎないように職員が「時間も気にしてね」と声を掛けると、素早く拭いてくれました。少し余った時間にはつなげるマットもきれいにしてくれました。

 

 

15分間、みんなしっかり手を動かし、意欲的に取り組んでいました。
ここだけの話ですが、15分は長いかなと思っていたのですが、「終わり」と言わなければもっとがんばってくれそうでした。

振り返りの時間、職員が「みんな100点満点でした」と拍手をしました。
掃除をすることで、綺麗にしたら気持ちがいいとわかり、おもちゃや備品を大事に使う気持ちを持てくれたらいいなと思います。

その後は新年会では、大掃除をねぎらって、1年間無事に楽しく過ごせたことに感謝して楽しくお菓子を食べました。

 

この日は皆で「良いお年を」と言いあって、達成感いっぱいで帰りました。

2022年もみんなで楽しく、気持ちよく過ごせたらいいなと思いました。

松ぼっくりツリー

2021.12.26 | Category: イベント,未分類

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

 

クリスマスのイベントの一つで、工作で松ぼっくりのツリーを作りました。
お子様に20cmほどの大きな松ぼっくりをたくさんいただきましたので、立派なツリーを作りことが出来ました。ありがとうございました。

 

 

今回の工作の目的は、
(1)手先を使う
(2)材料・道具を分け合って使う
(3)最後までに完成させる
ということを挙げました。

 

 

作り方は以下のようです。
(1)折り紙をトイレットペーパーの芯に巻き付ける
(2)ポンポンとモールを松ぼっくりにつける
(3)松ぼっくりをペンで塗る
最後に筒に松ぼっくりを乗せて完成です!

 

 

まず、キラキラのポンポンと星のついたモールを皆で分けました。仲良く分けることが出来ました。

 

 

次に折り紙をトイレットペーパーの芯に沿わせてくるっと一周して、余った上下の部分は折り返して、カラフルな筒を作りました。

 

まっすぐ巻くことや巻いた部分を押さえておくことが少し難しかったですが、説明を聞いてすぐに自分で巻けたお子様もいました。
「のりが欲しい」と言いながらも、職員に少し抑えてもらってがんばってしあげていました。

 

 

 

ここからは松ぼっくりの装飾です。利き手で道具や材料を持ち、非利き手で松ぼっくりをしっかりとでも潰さないように固定することが大事です。

 

まずはモールを笠に巻き付けます。
モールの先に着いた星が真ん中に来るようにおおよその検討をつけて巻き始め、バランスを見ながら巻く位置を決め、微調整するなど一生懸命取り組んでいました。

 

 

 

小さなポンポンも松ぼっくりの全体を見ながら、笠の奥に指先でしっかりと押し込みました。

 

 

 

最後はペンで傘の部分を塗りました。

 

 

たくさんの色のペンを用意しましたが、金色が人気でした。少し塗っては交代でしたが、みんな楽しそうにツリーを眺めながら待っていてくれました。

工作の時間が終わってしまいましたが、全員一致で「まだやりたい」と言いましたので、今回は自由時間はなしにして時間いっぱいまで続けました。
納得いくまできれいに色を付けることが出来ました。

 

完成です。

 

 

 

職員が終わりの挨拶をすると拍手が起こりました。お子様たちは満面に笑顔でした。

松ぼっくりが割れないようにそっと袋にしまって持ち帰りました。

 

 

 

 

 

 

これからもお子様たちが楽しめる工作を考えていきたいです。

公園にいきました

2021.11.25 | Category: イベント,未分類

いつもブログをご覧いただきありがとうございました。

 

今月に入り緊急事態宣言が解除され、コロナウィルスの感染者も激減し少しほっとしましたね。
はぴねすでも外出イベントをすべて行えるようになりました。

 

先日は、公園に遊びにいきました。

久しぶりの外出でお子様たちは行く前からとても楽しみにしていました。

 

行く前にお約束と目的を確認しました。
(1)2列になって歩く
(2)交通ルールを守る
(3)公園では他の人と譲り合いながら遊ぶ
今回はこの3つを主に決めてから行きました。

 

 

公園への道のりも明るいおしゃべりの声が聞こえました。

 

公園では、
鬼後ごっこをして時間いっぱい走り回っているお子さま。
譲り合ってブランコに乗り、元気に風を切り気持ちよさそうにしているお子様。
輪になって砂場に座り、シャベルで穴を掘ったり、型に砂をつめてたこ焼きを作ったり、
全ての遊具を試して笑顔がはちきれているお子様もいました。

 

身体をたくさん動かしたため帰り際に少し眠くなってしまうお子様もいましたが、無事に歩いて帰ることができました。

 

 

秋の爽やかな青空が広がる中、元気な声が響いていました。
身体を動かして楽しそうにはしゃぐ姿は本当に素敵ですね。

 

 

 

これからも、笑顔いっぱいの楽しいイベント実施していきます。

自由時間の過ごし方

2021.11.16 | Category: イベント,工作

ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は、はぴねすでの自由時間の過ごし方についてご報告します。

 

お子様たちは、自由時間をとても楽しみにしていますが、やりたいことは自らが選択します。
読書、折り紙、ボードゲーム、塗り絵、お絵かき等・・・
その中でも、現在、人気なのが「空き箱工作」です。

 

 

画用紙や折り紙などでは飽き足らない様子のお子様たちに、空き箱や段ボールを渡すと大変喜んで黙々と作り始めます。
ただの空き箱からモノを作ることは、自身の思いだけが頼りとなります。我々がお手伝いする余地はないような夢中な表情をみせます。
ハサミを入れ、ガムテープなどで貼り合わせ、色紙で装飾するなど好きなように好きなモノを作ります。

 

 

本来、モノを創作し、表現することはとても楽しいものです。
はぴねすのお子様たちものびのびと自分の世界観を表現します。

そうしたモノを作ることを通して育まれる感性は、大人になってひらめきや柔軟な思考として大きな力を発揮します。
また、モノを完成させたときの達成感もとても重要です。何度も試行錯誤してやっとやり遂げたという経験は、成功体験として刻まれこころを支える土台となることでしょう。

 

 

今後も、はぴねすの自由時間ではお子様の創造に寄り添い実現できるような支援を提供します。

どら焼き作り

2021.11.09 | Category: 調理活動

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

 

 

先日、調理イベント「どら焼き作り」を実施しました。

 

 

今回の目的は、
(1)座って参加する
(2)材料を分け合って自分で作る
(3)皿洗いなど片付けをする
ということを挙げました。

 

 

職員が作ったどら焼きの皮にお子さんたちは綺麗に盛り付けを行いました。
具はあんこ、生クリーム、チョコクリーム、バナナを用意しました。

 

 

手先を使って、あんこや生クリームは袋を押しながら載せました。あんこと生クリームの硬さでは感触が異なって面白かったと思います。

 

 

 

あんこを載せた後、料理に関心が高いお子さんが「練った方がいいよ。スプーンください」と助言してくれました。

 

硬めのあんこと格闘しながらスプーンで練り、皮に伸ばしていました。

 

 

 

生クリーをとても綺麗に盛り付けたお子さんのどら焼きは「ドーナッツみたい」でした。

 

 

 

 

バナナやチョコもいっぱい盛りつけて、豪華などら焼きが完成しました。

 

 

いただきますまで待つのが苦手なお子さんも職員とお話をしながらしっかりと待っていられました。

 

 

 

お子さんたちは大きな口を開けて頬張っていました。
「美味しい」「お替りは」などの声がたくさん上がりました。

 

 

 

 

食べ終わると、皿を丁寧に洗い所定の場所に置き、机を消毒して運ぶ作業もみんなで協力して行えました。

 

 

 

 

 

 

お子さんたちの笑顔がたくさん見れて楽しく行うことが出来ました。

 

また楽しめるイベントを企画していきたいです。

公園に出かけました!

2021.10.25 | Category: 外出イベント

ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

 

10月24日(日)にイベントとして公園に出かけました!
コロナの緊急事態宣言も解除され、久しぶりの野外イベントになりましたので、子どもたちも大喜びでした。

 

お出かけ先は、「北烏山3丁目公園」です。距離は約400mでしたので歩いて出かけました。

 

本日のお約束は、以下の通りでした。
(1)決められた場所以外は遊びません。
(2)列になって歩き、順番を守ります。
(3)公園では他の人に迷惑を掛けません。

 

公園内のブランコ、滑り台、砂場などで、子どもたちは自由に遊んでもらいました。

 

 

一番人気があったのは、職員二名も参加した鬼ごっごです。
公園を端から端まで逃げ回り、職員たちもなかなか捕まえられなかったほど、精一杯走りました。

 

今回は、一時間程のお出かけでしたが、子どもたちはしっかりお約束を守って楽しく過ごすことが出来ました。お約束を守れたので、次回のお出かけも、楽しんでもらえるような内容を考えていきたいです!

忍者修行

2021.10.14 | Category: 未分類,運動

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

先日は運動で「忍者修行」を実施しました!

 

 

 

今回の目的は
(1)体幹を鍛える
(2)目で見たものに合わせて身体を動かす
(3)掌の触角を使う
ということを挙げました。

 

 

 

具体的には
1,腰を低く落として、左右の足のつま先を付けながら歩く(忍者歩き)
2,輪を狙ってお手玉を投げる(手裏剣修行)
3,スクワット10秒(滝修行)
4,横向きに素早く歩く(壁沿い歩き)
5,カラーボールの中から段ボールの切れ端を、指先や掌の感覚で探し出す(お姫様救出)
を行いました。

 

 

 

準備体操として、ラジオ体操と、気分を盛り上げるために「100パーセント勇気」を歌いながら行進をしました。

 

 

 

 

忍者修行スタートです。一人ずつ5つの種目に挑戦しました。

 

 

忍者修行は両手の人差し指を立てて、片方の指を握り込みます。
腰を落として歩くだけでも運動量が高いですが、つま先を付けながら歩くとバランスが取りにくくさらに体幹に力が入ります。
手、腰、足と全てを意識してしっかりと忍者になりきって歩いてくれました。
難しいお子様は、腰だけ、指だけなど自分なりに頑張って取り組んでくれました。

 

 

 

 

 

手裏剣修行は、お手玉を9個の輪に向かって投げます。得意なお子様には、「ビンゴのみたいに列が揃うように狙って」とさらに難しい課題を伝えました。
それぞれの能力に応じて楽しんでもらえたようです。

 

 

 

 

滝修行のスクワットは、低く腰を落としてしっかりと体幹や太ももの筋肉を使えているお子様がいました。「運動会で練習したから得意だよ」と言っていました。
スクワットをやったことがないお子様は姿勢のイメージが身体に見についていないようでした。少し体をサポートしましたが、身に着くまで今後も続けて行きたいと思います。

 

 

 

壁沿い歩きはみんなぞれぞれのペースで静かに素早く忍者の気持ちで動いていました。

 

 

 

 

 

最後はお姫様救出です。カラーボールの入った袋から、手の感触だけで段ボール素材(お姫様の絵が描かれています)を探します。
やることが分かりやすかったため、みんな楽しんで行い無事救出していました。「あっ、ピーチ姫だ」とお子様が笑っていました。

 

 

 

 

 

 

お子様に「これで本当に忍者になれる」と笑いながら聞かれました。「さらに立派な忍者になれるように第2弾もやろうか」と話しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

さらにパワーアップした修行を行えるよう、みんなの笑顔が見られるよう、また楽しい運動を実施していきたいです。

サーキットトレーニング

2021.10.12 | Category: 未分類,運動

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

先日は運動で「サーキットトレーニング」を実施しました!

 

 

 

今回の目的は
(1)目で見たものに合わせて体を動かす
(2)体幹を鍛える
(3)股関節を動かす
ということを挙げました。

 

 

 

具体的には
1,真っ直ぐの線を越えながらジグザグにジャンプして進む(ジグザグジャンプ)
2,ぶら下げられた風船にボールをあてる(風船当て)
3,足を投げ出して座り、片足ずつ伸ばして進む(お尻歩き)
を行いました。

 

 

ジグザグジャンプでは、ジャンプで進むことが理解できずにその場でジャンプしてしまったり、右左にジャンプすることが難しかったりするお子様もいましたが、職員が「次ここだよ」と誘導するとこなせるようになっていきました。

 

 

 

風船当ては揺れている風船をしっかり見て、動きに合わせてボールを投げます。ほとんどのお子様が回数をこなすと当てられるようになっていきました。

 

 

 

 

お尻歩きは、始めから見本のように上手なお子様もいました。

 

また2,3歩でコツをつかんだお子様もいました。「全然進まないよ」と言っていましたが、「そういうものだよ。ゆっくり進むのでだいじょうぶ」と応援しながら見守りました。

 

片足はまっすぐ前に出せるけれども、もう片足が曲がってしまうお子様もいました。職員が曲がる足を触ることで、自分の身体に少し意識が向くようになりました。

 

やり方がピンと来ていないお子様には足を片方ずつひっぱりながら、動きのイメージを分かってもらえるように支援しました。

 

 

 

 

 

終了後、お子様は「暑い」と口々に言っていました。一見地味に見えて運動量は高いメニューでしたので、水分をしっかりとってもらいました。

 

 

 

 

 

 

 

これからも、いろんなお子様のニーズに合った運動療育を楽しく実施していきたいと思います。

ブラバン

2021.10.06 | Category: イベント

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

 

先日、みんなでブラバンを実施しました!

 

 

 

今回の目的は
・座って参加すること
・順番を待つこと
・時間以内に終わらせること
をあげていました。

 

 

人気のブラバンであったため、
「やったことある人」と尋ねると、「前やったよ」「学童でやった」など元気な声が上がり、初めてのお子さんは2人ほどでした。

 

 

 

やり方として
・油性ペンで絵を描き、終わったら手をあげる。
・焼いている間は決められた場所で待つ。
・焼き終わったら紐をつけてもらう。
以上の説明をしました。

 

ブラバンを配り、ペンはみんなで仲良く貸し借りしながら行いました。

 

 

色とりどりのペンを使って綺麗に色を付けるお子様。

 

 

 

爽やかな色で時間を掛けて全面に色を付けるお子様。

 

 

 

本を見ながら絵を描くお子様。

 

 

 

 

個性豊かな作品が出来ました。

 

 

 

 

 

最後に「みんなルールを守れて、特に熱い思いをしなくて安全に出来て良かったね」と話をすると、
お子様が「焼いていた先生は熱かったよ。ありがとう!」と言ってくれました。
周りへの思いやりの気持ちが嬉しかったです。こういった声が自主的に上がると、周りのお子様も見習ってくれますし、その場の雰囲気がとてもあったくなります。

 

 

 

 

 

 

これからも、みんなであったかい雰囲気の中、楽しい活動をしていきたいです。

当院へのアクセス情報

所在地〒157-0062 東京都世田谷区南烏山6-33-33 ウィスタリアハウス2-1F
最寄り駅から京王線「千歳烏山駅」下車北口を出て徒歩5分
旧甲州街道を過ぎ、右手に「まいばすけっと」が見えたら左手に「ナチュラル整骨院千歳烏山院」が見えます。同じ施設の、向かって左側がはぴねすの事業所になります。
電話番号03-5315-5047