MENU TEL

ホーム > Blog記事一覧 > 発達 | 世田谷区南烏山 放課後等デイサービス はぴねすの記事一覧

まねっこゲーム

2020.12.14 | Category: 運動

ブログをご覧いただきありがとうございます。

はぴねすの運動メニューの紹介をさせていただきます♪

先日は「まねっこゲーム」というものを行いました!
円形にキッズステップを並べて、その上を音楽をかけながら歩きます。
音楽が止まったときに指定したステップにいた人が見本役になり、ポーズを考えます。
周りにいる他の子どもたちは見本役の子を見ながら、バランスを崩さないようにそのポーズを真似するというものです。
ポーズをする際も、見本役の子が「このポーズで5秒!」とキープする時間も指定します。

 

 

まねっこゲームの目的としては、体感・バランスを鍛える、発想力を養うことが挙げられます。

バランスを保つことが難しい子は、職員と手を繋いだり、壁を使ったりしながら、手を放せる瞬間を一瞬でもつくるようにしながら少しずつ行っていました。

年長児には簡単すぎたかな・・・と不安もありましたが、やってみるとかなり盛り上がりました!
お兄さん・お姉さんはゲームやアニメにでてくるキャラクターの決めポーズを披露したり、年少児に配慮して簡単なものを混ぜながら行ってくれたりといつもとはまた違った姿が見られました。

秒数を数えている間に職員がツンツンと邪魔をしても真剣な表情を浮かべ、真剣に参加している子、
ふらふらしてステップから落ちてしまうと「あ~」と悔しそうな表情を浮かべる子
子どもたちはそれぞれのやり方でとても楽しそうに参加していました。

一緒に行っていた職員もとても楽しくでき、笑いが絶えない運動でした♪

みんなで楽しくけんけんぱっ!

2020.12.10 | Category: 運動

ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

本日も運動の様子を紹介させていただきます♪

 

本日はけんけんぱの様子を一部ご紹介します。

先日紹介させていただいたサーキットのメニューにも含まれていますが、

はぴねすでは、カラフルなサークルを使っています。

サークルを並べる準備も子どもたちに手伝ってもらって始めます。

 

『けんけんぱ』では、

手足の協調運動、リズム感、バランス感覚を養う等の目標をもって取り組んでいます。

 

片足でジャンプが難しい子は職員と手を繋いで挑戦してみたり、

両足で開く→閉じるという方法でやってみる子もいました。

順番を待っている子も「がんばれー!」「けんけんぱ!」と声を掛け合って、みんなで盛り上げて実施しています。

 

   

 

中には「運動は苦手だけど、カラフルなサークルがすき!」という子もいます。

苦手なものでも好きなものがあると頑張れる子もいます。

 

高学年や運動が得意な子にはサークルの距離を少し離して難易度をあげて調整することで飽きずに最後まで挑戦できます。

また盛り上がるように音楽をかけることもあります。

 

年齢も個性も様々なお子様が多い中、みんながどうしたら参加できるか、楽しめるかを考えながら今後も運動を実施していきます!

発達障害と眼球運動

2017.08.31 | Category: 未分類

いつご利用ありがとうございます!

はぴねすの瀬野です。

 

今日でいよいよ8月も終わりです!!

夏休み中にたくさん屋外で療育した効果が出たのか、

もともと運動が苦手で、あまり運動に参加しなかった子ども達も、

いつの間にか公園内を楽しそうに走り回るようになりました!!

 

やらされる療育より、自ら楽しく参加する療育の方が効果が高い事は言うまでもありません!!

学校が始まっても、みんなで楽しく運動したいと思います♪

 

さて、以前「感覚統合」についてお伝えしましたが、

新学期がはじまる時期ですので、

今日は国語の授業によくある「音読や書き写し」について書こうと思います!

 

発達障害の子どもたちの中には、音読で文字や行を読み飛ばしてしまったり、

黒板に書かれた文字を書き写すことに時間がかかってしまうという

 

このような行動の背景には色々な事が考えられますが、

理由のひとつとして、眼球運動をうまくコントロールできないことが考えられます。

 

視覚情報を正確に効率よく捉えるためには、

眼球運動が正常に働いていることが前提となります。

 

自分が動いているときに、見えているものを一定に保ったり、

動くものを目で追う追従性眼球運動、

近づいてくるもの、遠ざかるものを両目で見る眼球運動など、

私達は無意識に様々な物体を眼球で捉えたり、

対象を意識して見ることができますが、

 

この運動が上手くできないと、読み飛ばしが増えたり、読む場所を見失ったり、書き写す場所が分からなくなって

作業効率が落ちてしまいます。

 

この眼球運動は、運動の中で鍛える事ができます。

すべり台を降りながら職員とタッチして、

子どもが動きながら物を注視する練習をしたり、

ふうせん等ゆっくり動くものを使う遊びから、

次第にボール遊びのような素早い目の動きを必要とする遊びへと進めていくなど、

楽しみながら眼球運動のトレーニングをすることができます。

 

はぴねすの運動療育の中には、

このような狙いもあるのです。

発達障害と感覚統合

2017.08.23 | Category: 未分類

いつもご利用ありがとうございます!

はぴねすの瀬野です。

 

昨日はキリン後援へ遊びに行き、「逃走中」をしました!

 

といっても、中身は鬼ごっこと同じで、

呼び方が、

 

鬼ごっこ→逃走中

鬼→ハンター

 

に変わっただけです笑

 

某テレビ番組のまねっこですね!

やることは同じでも、気分が変わってリアリティもアップし、とても盛り上がりました!

 

 

さて、話は変わりますが、

「感覚統合」と言う言葉を聴いたことはあるでしょうか?

 

感覚統合とは、複数の感覚を整理したり分類したりする脳の機能のことです。

人間の感覚には、触覚・視覚・聴覚・味覚・嗅覚(五感)のほかに、

筋肉や関節の動きを感じる固有受容覚と、身体の傾きやスピードを感じる前庭覚といった感覚があります。

そして、これらの絶え間なく入ってくる感覚をきちんと整理し、分類することを統合といい、

これが上手くいかないと、感覚の強弱を調整したり、間隔を受け入れる量を調整する事が難しく、

危険を察知できなかったり、集中できなかったりして、気になる行動となって表れてしまいます。

 

発達障がいの症状には、感覚統合が上手くいかない事が大きく関わっている場合があります。

 

例えば、以前お伝えしたように、

はぴねすではすぐに横になってしまう子どもが多く見られますが、

その原因のひとつとして、感覚統合が上手くいっていない事が挙げられます。

 

固有感覚と前庭感覚からの情報は、重力に対して体を真っ直ぐに保ちバランスをとるための大切な情報ですが、

この働きが上手くいかないと、体を支える筋肉が重力に抗って働く事ができません。

その結果、筋肉は柔らかく、姿勢を保つのが苦手になってしまいます。

 

この場合、固有感覚と前庭感覚に刺激が豊富に提供されるように、

ブランコやすべり台、トランポリン等、楽しみながら自分の体の動きをコントロールする練習をし、

脳の中の体の地図を育てる事が大切です。

 

はぴねすでは、子ども達が楽しみながら、

必要な感覚や筋肉を鍛える事ができるよう、

今日も子どもに寄り添い活動していきます!!

 

 

シャボン玉で運動療育!

2017.08.05 | Category: 未分類

いつもご利用ありがとうございます!

はぴねすの瀬野です。

 

 

昨日は蘆花公園に出かけました!!

蘆花公園では、子どもたちからのリクエストもあり、まずは鬼ごっこを始めます!!

 

最近、公園でもはぴねす内でも毎日のように鬼ごっこしていますが、、、

子ども達は全く飽きません!笑

 

体ひとつでどこでも遊ぶ事ができるのは、子どもの良さのひとつですね☆

 

子ども達が楽しく体を動かしているうちに、

脳はどんどん刺激され、体力も向上しています!!

 

「立ったまま靴を履けるようになった!」

「外出先で歩ける時間が延びた!」

など、保護者の方からも嬉しいご報告を頂いております!!

 

さらに、先日8月の予定表をお配りしてからは、

「この日にはぴねすに行きたい!」

と言ってくれる子どもたちも多く、

追加のご利用希望もたくさんきています!!

 

子ども達が予定を見てワクワクした気持ちになることも、

脳にとってとてもいいことですね☆

 

 

さて、話は戻って、

蘆花公園で鬼ごっこの後は、

シャボン玉作りを行いました!!

 

みんなストローを持って、何度も何度もシャボン玉をとばします。

そして、シャボン玉を飛ばすとすぐに追いかける!!!

一番大きいシャボン玉をみんなで取り合うように追いかける姿が印象的でした!

 

また、ぶくぶくと泡立てた泡を「ふーーーっ!」と飛ばすと、

小さな泡がいくつもくっついた大きなシャボン玉に!!!

 

風に飛ばされるシャボン玉をみんな夢中で追いかけ、

シャボン玉が落ちる前にストローでキャッチしていました。

 

みんな手を泡だらけにして遊び、シャツは汗まみれ、おしりや膝は泥だらけ・・・!!

広い自然の中で、のびのび体を動かす事ができました。

 

 

その後ははぴねすに戻って着替えタイム!!

が、「まだ遊ぶから着替えなくていい!」と言う子も。

 

もう帰りの会だよ、、、笑

 

と、いう事で、前回できなかったシャボン玉作りを実施することができました!

今月はまだ数回シャボン玉作りをする予定ですので、

楽しみにしていてくださいね!

 

 

 

 

室内での発脳療育

2017.08.03 | Category: 未分類

いつもご利用ありがとうございます!

はぴねすの瀬野です。

 

 

昨日、一昨日と、雨で行くはずだった公園へ出かけられていません・・・

ですが、子ども達は行きなれた公園でも、室内でも、元気に走り回っています!!

天気に左右されず、パワフルですね!!

 

さて、昨日は公園に行くことができなかったので、

室内でいろいろな運動と、工作を楽しみました!!

 

室内での鬼ごっこは、範囲が限られているのでスピードに緩急をつける必要があり、俊敏な方向転換が必要になります。

方向転換ができないとすぐに端に追い詰められ、

タッチされてしまいますよね!!

 

室内では、足が速いだけではダメなのです!!!

 

このように、ブレーキをかけたり、走り出したり、方向転換をすることは、

筋力も必要になりますし、

体のバランスをとる能力や、コントロールする能力が必要になります。

 

職員が鬼になったとき、子ども相手だからと言って手を抜いていると、、、

ぜんぜん捕まえられません!笑

 

大人の方が体重があり、体も大きいので、小回りが利かず、なかなか体をコントロールをするのが難しいんです、、、

 

この感覚は是非日曜療育で、保護者の方にも味わっていただきたいものです!!笑

 

工作はペットボトルで風鈴作りをしました!!

ペットボトルでは風が吹いても音が鳴らないので、

鈴をつけて、涼しげな音を演出します☆

 

みんな好きなペットボトルの形を選び、飾りをつけて、

仕上げに一生懸命糸を通して、鈴をつけました!!

 

公園には行けませんでしたが、かわりのイベントを喜んでもらえると、職員も嬉しく思います。

 

さて、最後に、、、

 

自由時間に職員が、「おいでおいで、おいでおいでパンダ」

と歌っていると、子ども達が一緒になって歌ってくれました!!

 

ためしに「おいでおいで、おいでおいで○○ちゃん!」と名前を呼んでみると、

そのおともだちがニコニコしながら職員のところへ寄ってきます。

 

「おいでおいで、おいでおいで△△くん!」「◇◇ちゃん!」

と歌っているうちに、

 

みんな集合して、飛び跳ねながらの大合唱になりました!!

 

ちょっとしたきっかけで、みんながひとつになって時間を共有することができることは

素敵な事ですね☆☆

 

さあ、今日も子ども達のエネルギーに負けないように、元気いっぱい過ごしたいと思います!!

 

当院へのアクセス情報

所在地〒157-0062 東京都世田谷区南烏山6-33-33 ウィスタリアハウス2-1F
最寄り駅から京王線「千歳烏山駅」下車北口を出て徒歩5分
旧甲州街道を過ぎ、右手に「まいばすけっと」が見えたら左手に「ナチュラル整骨院千歳烏山院」が見えます。同じ施設の、向かって左側がはぴねすの事業所になります。
電話番号03-5315-5047